MENU

外構・エクステリア工事

外構・エクステリア工事

愛知農園の外構・エクステリア工事
愛知農園は、物理的・理論的に安くお得に外構工事をご提供できる会社です
愛知農園は、物理的・理論的に安くお得に外構工事をご提供できる会社です

???と思われた方、下記内容を十分理解すればご納得いただけるでしょう!
少しでも安く良い外構・エクステリア工事を完成させたい方は是非ともご覧ください。

ハウスメーカーや工務店の仕組みを知ることが重要

それにはまずは、戸建住宅とはどういう仕組みや流れで家が建ち、庭が出来上がり、一軒家として完成していくのかを考えていかなければなりません。

みなさんは、家を建てるときどこにお願いしますか?

  • ハウスメーカー
  • 工務店

業者の規模に関わらず、ほぼこのような業者にお願いすると思います。

では、実際に工事をしている業者はどこだと思いますか?

お客様がご依頼したハウスメーカーさんの下請けの大工さんや設備屋さんです。

ハウスメーカーさんは、家の設計をし、お客様とご契約後は、下請け業者とお客様の架け橋的存在として動きます。

ハウスメーカーや工務店の仕組みを知った上での料金のお話

では、料金のお話です。

ハウスメーカーさんから、家のみの工事費総額が例えば1000万円だとしましょう。お客様が工事費総額としてハウスメーカーさんに1000万円を支払う場合、ハウスメーカーさんは700万円を大工さんや設備屋さんに支払います。
では、残りの300万円は何に使われるのか?

それはもちろん、利益としてハウスメーカーさんに入ります。
もちろん、設計代と広告費、営業マンの給料なども含まれておりますが。

ただ、これは企業であるならば当然のことです。
利益のない業務は会社として何をやっているか分からない行動ですからね。

そして、お客様が支払うハウスメーカーさんのこの利益分は、

お客様が普段寝泊りする、団欒を作る空間という、
”命をつなぐ大事な家 ”

だからこそ、保証や安心感という面で、支払う意義というのは大いにあります。

では、家の外回り。
外構・エクステリアを含む庭づくりはどうでしょうか?

外構・エクステリア工事の安心感とは、そもそも何なのか?

庭ができるまでは、必ず下記の流れとなります。

ハウスメーカーで外構工事を依頼した場合・・

ハウスメーカーで外構工事を依頼した場合・・

上記の図のように、ハウスメーカーさんや工務店さんの下請けである外構・エクステリア工事専門店に、庭づくりの工事は振られます。

それは、図面の作成であったり、もちろん実際の外構・エクステリア工事の作業も、外構・エクステリア工事専門店が行います。

お分かりの通り、実はハウスメーカーさんの営業マンは、お客様と外構・エクステリア工事専門店の橋渡しを行っているだけに過ぎません。

しかし当然ながら、橋渡しという“一業務”を行う以上、
そこには、マージンというものが発生してきます。

ですが、それも当然の話ですよね。
“一業務”を曲りなりとも行っていますから。

ここで少し考えてみてください。
先程も述べましたが、マージンの意義は“安心感”が大半を占めると思います。

では、そもそもそのマージンを払う意義が、外構・エクステリア工事にはあるのでしょうか?

後述しますが、愛知農園でも、外構・エクステリア工事に関する工事保証を定めています。

でも、お庭とは外回りです。
当然、雨風にもさらされ続け、自然劣化というのは起こってきます。

例え自然劣化でも、家では家が壊れるほどの劣化が起きてはいけませんが、庭にそんな命が関わる部分なんて、はっきり言ってありません。

愛知農園の外構・エクステリア工事の保証とは?

とは言うものの、愛知農園の外構・エクステリア工事でも、保証基準を定めております。
そして、弊社を信頼していただき、お客様の満足・ご要望にお応えして始めてお金をいただきます。

お金をいただくとは、企業側が提供する商品・サービスに見合った対価をいただくということです。

それなのに、保証を使う工事をすること自体が、そもそも根本的に間違っているのです。

愛知農園の外構・エクステリア工事保証の一部愛知農園の外構・エクステリア工事保証の一部
工事保証

先程も申しましたが、外構・エクステリアが自然劣化したとしても、通常生活していく上で問題になることは、まずありません。

家の場合は手抜き工事は問題です。
施工ミスや安い材料を使うなどでしょうか。
それに伴った業者を選択することが重要です。

しかし庭の場合、手抜き工事という概念すらひょっとしたらないかもしれません。

なぜなら、1つ1つの作業に関して、手抜きのしようがないからです。
お庭の工事において、問題になったというニュース等を聞いたことがあるでしょうか?
ないですよね?

駐車場をコンクリートで作る。
この場合の手抜き工事とは、表面がボコボコになるということ。

フェンスを取り付ける。
この場合の手抜き工事とは、組立不十分で倒れるということ。

手抜きをすれば、誰が見ても工事が完成する前に、お客様が工事代金を支払う前にすぐ分かります。

手抜き=工事未完成となり、やり直しのために2度手間を踏むことになるのです。
その時点で赤字確定です。

例えば、家のように○○工法というのもなければ、耐震性などという概念すらありません。

外構・エクステリア工事とは当然ながら、その土地の条件にあった高さや土の量に対して、すり合わせるかのように庭を作っていく必要がある工事です。
それは、多種多様な完全オーダーメイドの工事だということです。

家づくりと外構・エクステリアは根本的に概念が違うと言えます。

以上から、外構・エクステリア工事においては保証などほぼ意味をなしません。
その場所で地震が起きれば、駐車場のコンクリートは割れます。
それはどうしようもありません。

しかし、よほど下手で知識もない職人が施工をしなければ、通常生活していく上で駐車場の土間コンクリートは割れません。

そのような外構・エクステリア工事を、ハウスメーカー経由に敢えてお願いし、ハウスメーカーさんの利益となるマージンを払う必要があるのでしょうか?

当然ながら、家を建てる時のように、

外構・エクステリア工事も、ハウスメーカーさんは200万円でお客様に請求し、 150万円で外構・エクステリア工事専門店に外注しています。

愛知農園 VS 外構・エクステリア工事専門店 の料金の比較

外構・エクステリア工事専門店で外構工事を依頼した場合・・

外構・エクステリア工事専門店で外構工事を依頼した場合・・

では、ハウスメーカー・工務店さんにお願いするのはやめたから、外構・エクステリア工事専門店にお願いすれば、余計なマージンを払わなくて済むのかといえばそうではありません。

ここからは、冒頭のタイトルのとおり、

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

につながるお話です。

建設業というのは本当に一般の方にとったら入り組んだとても分かりにくい構造になっていますよね。
その点を理解することによって、いかに安く工事を注文することができるかに関わってきます。

それでは、外構・エクステリア工事専門店にお客様が直接外構・エクステリア工事を依頼した場合の流れを見ていきましょう。

上記の図のような流れで、お庭が出来上がるのが一般的です。

では、外構・エクステリア工事専門店に工事を直接依頼すれば、マージンは発生しないのでしょうか?

残念ながら、ここでも発生してくるのです。

どこでマージンが発生しているのかを考える前に、 まずは、外構工事にかかる費用の詳細な内訳には何があるのか一緒に考えてみましょう。

外構・植栽工事、つまりお庭が完成していく上でかかる費用を大まかにあげると、

 ①人件費
②生コンや砕石などの材料費
③フェンスやブロックなどのメーカー材料費
④諸経費
⑤植木費
⑥植木を植える人件費(植栽工事費)

となります。
それでは、1つ1つ見ていきましょう。

外構・エクステリア工事を分解すると・・・
①人件費

こちらは名前のとおり、工事を進めていく上でかかる人件費です。
トータルでその工事にかかる人間の数です。

当然、工事ですから職人が作っていきます。
つまり、純粋に実際にかかる工事費とは人件費のこととなります。

②生コンや砕石などの材料費

駐車場をコンクリートにする場合、左の構造図のように砕石の基礎を作り、その上にコンクリートのヒビ割れ防止に鉄筋のワイヤーメッシュを敷き、最後にコンクリートを打ちます。

土間コンクリートを作るといっても材料費として、
①生コン費
②基礎の砕石費
③ヒビ割れ防止のワイヤーメッシュ費

が発生します。

当然ながら、各それぞれの材料に費用が発生してくるのです。

③フェンスやブロックなどのメーカー品材料費

フェンスを建てるためには、コンクリートブロックの上にフェンスを立てるのが一般的です。では、まずはブロックの施工です。

ブロックの施工には、右の構造図のように②でご紹介した砕石基礎+コンクリート基礎に加え、縦に鉄筋をAの写真のように施工します。

ブロックが倒れないようにするための強度的要素として必ず必要な基礎です。

次にコンクリートブロックを敷設していきます。

最後に、フェンスをブロックの上に設置します。

それでは、フェンスが完成するまでにかかる、これら一連の材料費を見ていきましょう。

A・・・基礎の完成
砕石費、基礎コンクリート費、鉄筋費
B・・・コンクリートブロック積み完成
コンクリートブロック費、コンクリートブロックとコンクリートブロックの
繋ぎ目(目地)を埋めるためのセメント費
C・・・フェンスという商品の仕入れ費(エクステリアメーカーから仕入れます)

これらは、あくまで材料費のみの計上です。
実際には、1つ1つの材料費にプラスした人件費が計上されて工事は成り立っています。

④諸経費

実際に工事をしていく上でかかるのは、人件費と材料費だけではありません。

基礎を作るためには、まずは土を掘らなければなりませんよね。
そこで必要なのが、重機です。

その重機使用費が諸経費に含まれます。
(※会社により諸経費ではなく重機回送費として計上する場合もあります)

さらに、重機を使うためには、ガソリンなどの燃料が必要です。
それにかかる燃料費も諸経費に含まれます。

※じゃあ、重機を使うな!と言われそうなので補足しますと・・・
重機で掘る分を人間で掘っていたら、効率が悪すぎて人件費の方が高くついてしまうため、かえって重機費を計上したほうが割安になります。

さらに言うと、お客様宅(現場)へ向かうための往復交通費も諸経費に含まれたり、 図面作成費や営業マンの人件費、広告費、現場を安全に保つための養生費などが含まれます。

よく他社で図面作成無料!と謳っていますが、実はこの諸経費に含まれている場合が多いのです。

まだあります。
土を掘った際に出た残土の処分も必要ですよね?
その処分費も発生します。

⑤植木仕入れ費

いよいよお庭完成まであと一歩!
植木が植わって完了です。

では造園屋さんや外構・エクステリア工事専門店は植木をどこから仕入れるのでしょうか?

お察しの通り、愛知農園を含む植木屋さんから植木を仕入れています。

しかし、植木屋さんといっても概念が広いですが、一般的に植木屋さんと言われるのは下記の4つの分類に分けられます。

1.植木を生産している植木屋さん(生産者)
2.植木を卸している植木屋さん(卸屋)
3.植木を手入れする植木屋さん(庭師や造園屋さんも含まれる)
4.植木を植えるのが主な植木屋さん(主に造園屋さん)

いろいろな専門業をまとめて植木屋さんというのですが、それぞれ役割が違うのです。

そのため、植木を外構・エクステリア工事専門店が仕入れるといっても、 1か2の植木屋さんから仕入れています。
では、ここで下の図をもう一度見てみましょう。

外構・エクステリア工事専門店には真似できない愛知農園の強みとは?

外構・エクステリア工事専門店で外構工事を依頼した場合・・

外構・エクステリア工事専門店で外構工事を依頼した場合・・

上記にも記載した、

『外構工事専門店に工事を直接依頼すれば、マージンは発生しないのでしょうか? 』

という、疑問を理論的に証明していきましょう。

先程も述べましたが、外構・エクステリア工事専門店は植木を自社に所有しておりません。
上記で挙げた植木屋さんの中の、
3.植木を手入れする植木屋さん(庭師や造園屋さんも含まれる)
4.植木を植えるのが主な植木屋さん(主に造園屋さん)
の植木屋さんや造園屋さんも植木を所有しておりません。

ここまで理解して頂ければお分かりだと思いますが、植木の仕入れ費、その植木を植える植栽工事費にマージンが発生してくるのです。
この植木関連だけで、およそ一般的に10~20万円違うと言われています。

どういうことかと言うと、植木という材料は、

1.植木を生産している植木屋さん(生産者)
2.植木を卸している植木屋さん(卸屋)

の植木屋さんから植木を仕入れています。

外構工事専門店さんは植木を植えるのは専門ではありませんし、植木屋さんと直接取引がほぼないので、 造園屋さんを通して植木をお客様宅に植栽します。

当然ですが、植木を仕入れるためには、造園屋さんが1・2の植木屋さんから植木を調達するために、 植木を取りに行く、植木を現場まで運ぶという人件費や諸経費がかかります。

さらに、仕入れ値でそのままお客様に売っていては、会社として何をしているのか分かりませんから、 色をつけてお客様に販売します。

こんなところにも、マージンは発生していたのです。

⑥植木を植える人件費(植栽工事費)

そして、その植木を植えるという植栽工事費。
では、外構工事専門店さんからしてみるとどうでしょう?

机上の論理では、外構工事専門店さんがお客様宅に植木を植栽することになっています。

ですが、実際には植木屋さんから植木を仕入れて造園屋さんが植木を植えます。

お客様宅に植木が植わるまで、知らない間に最大3社が関わっているのです。

高くなるのも無理はありません。

どのくらい違うのか?

外構・エクステリア工事専門店で植木の販売・植栽工事を依頼した場合・・

外構・エクステリア工事専門店で植木の販売・植栽工事を依頼した場合・・

実際には、植木がお客様宅に植木が植わるのはそれぞれ違うので3本かどうか分かりませんし、木の大きさによっても値段が変わりますので何とも言えませんが、

この例だけでも既に、
・植木の仕入れ値35,000円
・植栽工事費30,000円
の計65,000円が実際にかかる経費。

ですが、実際にお客様が支払う費用は14万円となるため、約8万円も余分に支払う必要があるのです。

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

先ほど、外構・エクステリア工事費用の分解項目でご説明した、

①人件費
②生コンや砕石などの材料費
③フェンスやブロックなどのメーカー品材料費
④諸経費

で掛かる費用は、会社によって値段のバラつきがあるのでしょうか?

実は基本的にはありません。

施工デザインや何の材料を使うかによって値段はもちろん変わりますが、
全く同じデザイン、全く同じ材料を使う場合、 それを作っていく人件費(工事費)に他社との違いはありません。

なぜなら建設業界では一般的に、1日に1人2万円の人件費を計上し、生コンなどの材料費は建材屋さんから仕入れ、 フェンスなどのエクステリア商品は、タカショーやリクシルなどのメーカーから仕入れるからです。

※タカショーやリクシルなどのメーカーさんは、一括で直接工事をしておりません。
そのため、それら材料費はどこの会社でもほぼ同じ仕入れ値です。
では、冒頭で記載した、

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

とは、一体どういうことでしょうか?

何度も言いますが、植木はどんな造園屋さんでも外構屋さんでも植木屋の中の1・2の植木屋さんから仕入れます。
愛知農園は1・2の植木屋さんです。

さらに、愛知農園は3・4の植木屋さんとしても営業し、図面の作成から現場管理、駐車場の土間コンクリート・フェンスの作成を行う、外構工事専門店としても活動しております。

庭づくりに欠かせない、⑤⑥の植木の材料費と工事費で直接お客様に販売できる愛知農園は、
何度も言っていますが、

愛知農園は、物理的・理論的に安くお得に外構工事をご提供できる会社です

愛知農園は、物理的・理論的に安くお得に外構工事をご提供できる会社です

と、だから私たちは、自信を持って言えるのです。
外構屋さんや造園屋さんがホームページでよく、『他社より安く庭を作ります!』と謳っていますが、安くできる根拠は何なのでしょうか?

通常の人件費は2万円ですが、19000円にするとかその程度でしか、削る要素がありません。

つまり、実際は他社より安くします!は数千円~数万円他社より安くします!が正しい言い方なのです。
何度も言いますが、

構造物の外構工事は、どこの会社でも材料費・人件費と、全く同じ費用がかかる固定

以上より、愛知農園は、外構・植栽含めた庭づくりをトータルで、 物理的・理論的に他社よりお安くご提供できるのです。

安いのは分かったけど、デザインなどの提案は大丈夫なの?

愛知農園植木苗木株式会社は名前のとおり、植木屋さんのイメージがとても強く、
※実際に植木屋ですが・・・)
植木屋さんはデザインセンス的な部分で信用性がないのでしょうか、『デザイン的な提案はしてくれるの?』とよく疑心暗鬼な表情で聞かれます。。。

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

他社には絶対に真似できない愛知農園の外構工事が安い理由とは?

外構・エクステリア工事施工例の一部

リフォーム外構・植栽工事愛知県一宮市

レンガ調のお庭

草との格闘が大変だから何とかしたい!でも、植物が好きだから花壇を作りたい!とご要望をいただきました。

雑草対策のために樹脂で舗装し、レンガ花壇を普通に四角く作るのではなく、通路を歩いていても楽しめるようデザインいたしました。

奥行き感を持たせるため、奥に行くほど段差が上がります。これにより奥行き感が生まれ、庭を広く見せることもできました。

リフォーム外構工事愛知県稲沢市

雑草対策のお庭

こちらも雑草対策として、砂利を敷きたいとのことでした。
ですが、砂利だけでは素っ気ないので、枕木のアプローチで周りに防草シートとベージュ系の砂利で彩りました。

裏へ通じるちょっとしたお庭ですが、通路が明るくなりましたね♪

雑草対策・植栽工事愛知県名古屋市

リゾート風のお庭

草やクローバーが庭中に広がって何ともならないから、雑草対策をしながら芝の張替えをして欲しいとのご要望でした。
お庭がとても広いために、全部芝にしては管理がとても大変です。
そのため、砂利の部分を入れながら、子供たちが遊ぶ場所は、芝を新たに張り替えとご提案させていただきました。
さらに、それだけでは殺風景で寂しく、お庭が広いこともあり、大きなシマトネリコをシンボルツリーに植栽いたしました。
リゾートチックなお庭になったと思います♪

和モダン風外構・エクステリア工事 岐阜県岐阜市

和モダンのお庭

庭でバーベキューができるお庭にしたい!和風だけど和風過ぎないお庭にしたいとご要望をいただきました。

お庭が元々砕石だらけで、地面が不安定なお庭のため、外に出て何かをするということが難しいとのことでしたので、タイルデッキを作成いたしました。

和風らしく、四つ目垣でフェンスの変わりにし、築山を作ってシンボルツリーの植栽を施しました。

これで、安定した地面でバーベキューなどを楽しめるお庭になったと思います♪

その他の外構・エクステリア工事施工事例

シンプルモダンのお庭

新築において、カーポートやその他外構工事を行いました。

和モダンのお庭

駐車場や門塀、花壇などを造り、バランスよく植栽させていただきました。

雑木風のお庭

植木が中心な雑木風のお庭を作りました。
ログハウス調の家にとても良く合う爽やかなお庭になりました。

純和風のお庭

新築において、和風な坪庭を作成いたしました。
瓦を使ったアプローチが、“the和風”を醸し出しています。