MENU
カラタネオガタマ

オガタマの木は神聖な樹木で、神事に使用されるためお寺や庭園などによく植えられています。

神霊を招きよせるという意味があります。日本に自生するモクレン科の中では唯一の常緑樹です。

葉は皮質で厚いです。

花は数センチ程度の白い花が咲きます。主な開花時期は4月中頃-5月です。

花からはあまいバナナのような香りが漂います。

生長すると4~5mになる小高木ですが庭木として育ててられているものは3m程度に収まっているものが多い気がします。

様々な園芸品種が作られて人気があります。

在庫数 100本

カラタネオガタマ