MENU
ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキは3月に一斉に淡いクリーム色の小花を枝からぶら下げるように咲かせる花木です。

明るい半日陰向きで、西日は避けるようにするとよいです。

ヒュウガミズキ自然に樹形がまとまるので、剪定はあまり必要なく、メンテナンスが比較的楽なため重宝します。

足もとに同時期に咲くスズランやスイセンを植えると、ヒュウガミズキの美しさが一層引き立ち、庭を美しく演出することができるでしょう。

近縁種に背が高く花の大きなトサミズキがあり、こちらは雑木風に使うアレンジも人気があります。

また、ヒュウガミズキは植える土質をあまり選ばないので、生け垣としても使うことができます。

在庫数 本

ヒュウガミズキ