MENU
アカシデ

ケヤキに似た葉をつけますが、シラカバの仲間です。
枝や葉は小ぶりで、夏には種の付いた房が垂れ下がります。
新葉が赤く、また神社の注連縄に使われるシデ(紙垂)に雄花の花穂が似ていることからアカシデと呼ばれます。

紅葉が美しく、樹形も優しいことから盆栽に使われることも多く、ソロとも呼ばれます。
アカシデの樹皮は、どの時期を通じても赤みがあり、美しく見栄えがします。

木林風のお庭に適しています。

在庫数 50本

アカシデ