MENU

業務日誌

ブログ

オリーブオイルの作り方

12月って本当にあっという間ですね。

大掃除に年賀状…やることも沢山。

皆さんは順調に進んでいますか?

私は3,4割程度です。。焦ります(笑)

 

 

オリーブオイルの作り方を紹介したいと思います。

来年よかったら作ってみてくださいね!

 

①オリーブの実をとって綺麗に洗う。

オリーブの実は緑色より、赤紫や紫などの熟している方が

オイルをたくさん含んでいるそうです!

摘み取ったらその日のうちにオイルにしていきましょう!

 

1摘みたてオリーブの実

 ②果肉と種を分けていきましょう!

熟している実はちょっと摘まむと綺麗に種と果肉に分かれます。

この時ビニール手袋を2重にしておくことをオススメします。

爪の中や手先が染まってしまうと、洗ってもなかなか落ちませんでした。。

3仕訳2 2仕訳1

 

 

③30分~1時間ほどモミモミします。

種は使いませんので捨ててしまって大丈夫です。

果肉を入れた袋の空気を抜き、しっかりと袋の入り口を閉じます。

袋を二重にして揉んでいきましょう。万が一中の袋が破れても安心です。

4袋1

30分以上たってくるとオイルと分離してきます。

この時に温めながら揉んでいくとオイルと分離しやすいですよ!

(私は、ホットカーペットの上に置いて足で踏んでみたりしました。)5ホットカーペットで

 

④実や皮と果汁・オイルを分けていく

1時間程モミモミして、オイルと分離したら、実や皮と分けていくんですが

この時に、三角コーナーなどの水切り袋が役に立ちました!!

絞った後はそのまま生ごみに出せるので楽ちんです。

私は、この2枚を重ねて使いました。

8使ったもの

より目が細かい方に潰したオリーブを入れてその上からもう一枚の水切り袋を

重ねて絞っていきます。

この時少量ずつ入れた方が絞りやすいです。

最初から力を入れて絞ってしまうと、袋が破れてしまう可能性があるので

水分が多いときは優しく絞っていきましょう。

9絞ってます。

これがボールに絞りした時のオイルと果汁です!

この作業をオリーブがなくなるまで続けます。

絞り終わったらそのまましばらく放置しておくと、果汁とオイルが分離して

オイルが上に集まってきます。

その表面のオイルをスプーンやスポイトですっくて密閉できるビン等に入れれば完成です!!

私は、この時にボールから細長いグラスに表面をすっくって入れてから放置しました。

11分離

そうすることで、オイルの層が厚くなるので

ビンにオイルだけを入れる際すくいやすくなります。

じゃ~最初から細長いものに絞ったら楽なんじゃないか?と思い

このグラスに絞ろうとしたのですが、入り口が狭いため綺麗に絞ることができなかったのです。。(笑)

12完成

表面のオイルだけをすくってできたものがコレです!

 

オリーブオイルを作るのに、私が一番大変に感じたことは

1時間モミモミすることよりも、種と実を分ける作業でした。

だからこそ、自分で作ったオリーブオイルがなんだか特別なもののように感じ

満足感と達成感で、また来年も作りたいな!と思っています。

 

 

 


 

 

にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ